水墨画

お手本を使う実演指導で、基本の四君子(蘭、竹、菊、梅)から花、果実、野菜や風景、山水等、四季折々の情緒と風情ある水墨画を色紙を中心に、葉書や扇面、短冊にも描きます。
墨だけのモノトーンから色彩を調和させた墨彩の世界まで楽しめます。

講師 青朝会日本水墨画展理事長 西浦光洋

第2・4木曜日 13:30~15:30
4,750円

<水墨画家 西浦光洋プロフィール>

 谷文晁を祖とした日本水墨画の系譜の中でも水墨画界の奇才といわれた矢野鉄山の流れをくむ日本伝統水墨画家。
文人画を特徴としており、墨の濃淡を生かしたモノトーンの世界から、墨と色彩を織りまぜた落ち着きのある墨彩の世界まで、その日本水墨の古典から引き継がれてきた芸術的財産を研究、発展させることに注力しています。
 また、日本伝統文化としての日本水墨画を多くの方々に学んでもらうことで、その素晴らしさと価値を広く知ってもらい、日本の芸術文化発展の一助になるべく活動しています。
 篆刻も研究しており、水墨画とのマッチングや水墨画と篆刻とのコラボレーションもひとつのテーマにしています。

平成16年  大阪府知事賞    受賞
平成20年  青朝会大賞     受賞
平成22年  文部科学大臣奨励賞 受賞
平成26年  内閣総理大臣賞   受賞
他 受賞多数

青朝会公募日本水墨画展  理事長
一般社団法人 創彩会   委員・審査員 
水墨画、篆刻研究 水甫会 会長   
公益社団法人 日本書芸院 一科審査会員

現在、NHK文化センター、近鉄文化サロン、読売文化センターなどで水墨画教室を開講するなど、大阪市内を中心に活動しています。
兵庫県西宮、つかしん、堺にも教室があります。
水墨画、南画、墨彩画に興味のある方、気軽に御連絡ください。

ページ上部へ戻る